100日目に食われる豚はフィクションだった!100日目の最後に答え!

YouTubeチャンネルとなって話題になっていた

100日後に食われる豚が9月1日に最終日100日が経ち…しっかり主に食べられたという動画がアップされています。

今回は、最終の動画の最後の最後に…一瞬映る「フィクションです」の表示が出ていたことはご存知でしょうか。

100日後に食われる豚はフィクションだった!100日目の最後に答え!

9月1日に時点で10万人がチャンネル登録をしています。

YouTuberとして銀の盾が送られる…10万人を超えているのです。

元2チャンネル創設者で今は、コメンテーターや自身のYouTubeチャンネルでも活躍する「ひろゆき」さんがこのタイトルをつけた時点で成功すると太鼓判をしていました。

日にちに話題になっていった豚「カルビ」

子豚のカルビは。。。本当に愛らしく見ている視聴者に愛を分け与えてくれていました。

100日が近づくにつれて子豚の「カルビ」がどんどん大きくなっていくのが分かります。それにつれて、チャンネル登録者数も日に日に伸びていきました。

100日後に食われる豚はフィクションと表示されている

ここでは、カルビと思われる…フィクションなのですが…どこぞの豚の丸焼きが衝撃的なので。。。気になる方はYouTubeでチェックしてみてくださいね。

100日後に食われる豚はフィクションに気づいた人も…

一瞬の表示なので気づかない人が大半だと思います。しかし、3分13秒あたりに一瞬だけ

この物語はフィクションです。

の文字が表れます。

100日後に食われる豚はフィクションだった!101日目には意味深な言葉

私たちが食べている豚肉もカルビも同じ命ですという言葉が一瞬映りました。

しかし、フィクションなので…再生回数を稼ぐためにと思ってしまうのは…アンチ過ぎますか?

101日目の動画は手を合わせる主から始まる‥フィクションなのに?

フィクションと気づいた人のコメントは?

遂にこの日だったか…正直見るのが辛かった…けど、これよりも命を大事に感じれる動画は無かったと思う。
カル様天国で楽しく暮らしなそして最後のフィクションについては、きっと視聴者に委ねるってことなんだろうと俺は受け取った

この「フィクション」という言葉は、カル様がもし生きていたとしても「生きててよかった」なんて言えないのを見越して書かれてる

命の大事さや尊さを伝えてくれたという意味で評価しているコメントが多いですね。

フィクションと気づかない人が多数

カル様が食べられるまでの何気ない日常。ということは、これからも日常は続いていくということ

どこでカルビくんを絞めたのか気になります。そもそも個人が飼ってるブタを絞めてくれるサービスを行っている屠殺場ってあるのてしょうか?それともあのきれいに血抜きされたブタは1頭買いした別のブタなのでしょうか?誰か教えて下さい。お願いします。

100日後に食われる豚は生きていた!

9月10日の100日後の食われるブタの続報が届いています。やはり、BAD評価も半分以上になっています。

やはり食べられたのでは嘘だった!