アマビエトラックが話題に!熊本の妖怪が起点でなぜアマビエチャレンジに?

2020年3月頃からネット上で「アマビエ」が流行しています!

「#アマビエチャレンジ」「#アマビエトラック」「#アマビエ塗り絵」

などアマビエをモチーフとしたイラストやクラフト作品をつくる人が続々と表れています。

そもそもアマビエとは何なのでしょうか?

アマビエトラックとは?アマビエチャレンジとは?

気になることをまとめてみました!

アマビエとは?

https://www.huffingtonpost.jp/entry/amabie_jp_5e675a75c5b68d61645a5151

アマビエとは日本に伝わる妖怪で、江戸時代末期に、現在の熊本県に出現したと言われる妖怪と言われています。

1999年出版の湯本豪一さん著『明治妖怪新聞』(柏書房)によれば、アマビエは

  • 肥後の海中に毎夜光るものが出没し、役人が調べたら「アマビエ」と名乗った
  • 六年間の豊作を予言
  • 病気が流行したら自分の姿を写して人々に見せるようにと伝えて消えた

といわれていて、この内容をツイートしたところ#アマビエチャレンジとしてクリエイターの中で広がっていったそうです。

ゲゲゲの鬼太郎26話にも登場していますね。

大分市の運送会社「一番運輸」のアマビエトラックが話題に

https://mainichi.jp/articles/20200410/k00/00m/040/061000c

なんと、このアマビエがトラックになって登場したのです!

このアマビエトラックを思いついいたのは大分市の運送会社「一番運輸」社長の藤田さん。

とても素敵な発想ですよね。

このアマビエトラックは長距離運送用のトラックだそうで、全国で見るチャンスがあるそうです。

アマビエトラックの作者は「東京モノノケ」

社長の藤田さんは、インターネット東京モノノケさんが描いたアマビエを見つけたそうです。

東京モノノケさんは静岡を拠点に活動するイラストレーターさんのようで、妖怪のイラストをおしゃれだと話題です!

イラストの使用を打診すると、東京モノノケさんも「少しでも力になれば」と快諾し、無償で提供してくれたそうで、素敵なエピソードですね。

東京モノノケさんもニュースがあった当日両親から電話をもらって話題の大きさに驚いたそうです。

アマビエトラック以外にも「アマビエチャレンジ」も話題に

そもそもアマビエトラックは規模の大きいアマビエチャレンジともいえますが、ネット上ではアマビエをモチーフとした作品が多数投稿されています。

そのバリエーションも豊富で、食べ物から鋳物までたくさんのアマビエを見ることができます!

▼巻き寿司

▼コスプレ

▼ポップアップカード

▼ゲームキャラ風

▼あみぐるみ

▼ロボットまで!

▼ポケモンとフィーチャリングいているアマビエも

▼南部鉄器を使って制作された手の込んだアマビエも

▼なんと家紋風のアマビエも!

その道のプロが仕上げたアマビエのクオリティはヤバいですね!

アマビエの塗り絵も

自分でも何か作ってみたいけど創作は苦手・・・!という人は「アマビエ塗り絵」おススメです。

これなら子供と一緒に挑戦することもできますね。

海外から取材されたクリエイターもいるようです!

まだまだ数多くのアマビエチャレンジが続々と投稿されています。

家にいることが多い毎日なので、自分でも何か作ってみたくなりますね。