ハケンの品格【三田貴士】中村海人の経歴・出演歴は?国民的ヒモと話題

ジャニーズJr.の「Travis Japan」として人気急上昇中の中村海人さん
2020年4月スタートのドラマ「ハケンの品格」に三田貴士役で初レギュラー出演することが決定しました!

この記事では三田貴士役の中村海人さんってどんな人?という方向けに

中村海人さんの魅力をご紹介していきます!

【ハケンの品格】前作のあらすじとキャスト

はじめに簡単に前回のあらすじもご紹介しておきますね。

ご存知の方は飛ばしてください。

https://middle-edge.jp/articles/I0002498

ドラマ情報

  • 放送期間:2007年1月~3月
  • 主演:篠原涼子 / 大泉洋 / 小泉孝太郎 /
  • 最高視聴率:26%

https://www.nitteleplus.com/program/haken/

  • 契約延長はしない
  • 担当セクション以外の仕事はしない
  • 休日出勤、残業もしない

という異例の契約条件で派遣社員として東海林(大泉洋)のいる老舗食品商社「S&F(エスアンドエフ)」営業部マーケティング課に配属された大前春子(篠原涼子)。

愛想がなく正社員に媚びない春子の態度は周囲から反感を買うが、実は春子の正体はあらゆる資格を持ち、特Aランクの評価を受ける“スーパーハケン”であった。 春子はどんなに大変な仕事も勤務時間内に必ず仕上げ、会社に舞い込むピンチやトラブルを次々と解決していく物語です。

大泉さんの「とっくりー!」がまた聞けるなんて嬉しいですね。

ハケンの品格【三田貴士】中村海人の経歴

今回「意識高い系男子」の三田貴士役として演じている中村海人さんですが、普段は意識高い系とは真逆を行く「国民的ヒモ」としてファンの間で人気のあるアイドルです。

中村海人3秒プロフィール

  • 本名:中村海人(なかむら かいと)
  • 生年月日 1997年4月15日
  • 出身地:東京
  • 身長:173㎝
  • 体重:52㎏
  • 血液型:O型
  • ニックネーム:うみんちゅ
  • メンバーカラー:緑

海人さんはドラマに出ている山下智久さんを見てカッコいい!と思い自らジャニーズ事務所に応募して合格!2010年10月30日にはれてジャニーズJr.の一員になりました。

そのため以前から俳優や演者に興味があったのかもしれませんね。

ジャニーズ同期が豪華

海人さんと同期のジャニーズには「Sexy Zone」の佐藤勝利さんや

「King&Prince」の神宮寺勇太さん、

岩橋玄樹さんがいます。

めちゃめちゃ豪華な同期ですね・・・!

トラビスジャパンはまだデビューしていないグループですがすでに海外にもファンがいるほど人気で、今後どんどん活躍されるジャニーズの一人になりそうです。

ハケンの品格【三田貴士】中村海人の出演歴

海人さんの過去出演作はあるのでしょうか?調べてみるとドラマではNHK「トットちゃん」で一瞬出演していたようですね。

▼テレビドラマ
トットちゃん! 第47話(テレビ朝日)


おでこ前回の海人さんは珍しいですね。

ほかにも、

▼舞台
「いまを生きる」(2018年10月)リチャード・キャメロン 役

や「もしも塾」(2019年4月)など演技作品も少しずつ増えているようです。

今回のドラマ出演は大抜擢ともいえますね。

本人も喜んでいました。

三田貴士役の中村海人さんのコメント

「まさか、こんな大きな作品に出演させていただけるなんて、喜びはもちろんですが何より驚きが大きいです。『ハケンの品格』は知ってはいましたが改めて見させていただきました。とにかく面白いドラマで、どの世代が見ても楽しめるドラマだと思います。ドラマのレギュラー出演が初めてで、わからない事だらけですが、新入社員の三田貴士という役に等身大でぶつかっていきたいです。一回りも二回りも成長できる作品にしたいと思っていますので、応援のほどよろしくお願いします。」(ハケンの品格公式サイトより)

ハケンの品格【三田貴士】中村海人は「ヒモにしたいアイドル」No1と話題に

さらに「ヒモにしたいアイドル」で堂々1位を獲得した経歴も持っています。
そして彼を愛するファンからはことごとくヒモ呼ばわりされています。しかし「ヒモ」あるいは「ヒモんちゅ」は蔑称でなく愛称みたいですね。

ハケンの品格【三田貴士】中村海人はアニメオタクとしても有名

http://u3u3u38.hatenablog.com/

過去には、アイドル雑誌「Myojo」で毎年行われているJr.大賞で「オタクっぽい」で優勝しています。
さらに「ヒモにしたいアイドル」で堂々1位を獲得した経歴も持っています。
そして彼を愛するファンからはことごとくヒモ呼ばわりされています。しかし「ヒモ」あるいは「ヒモんちゅ」は蔑称でなく愛称みたいですね。