石倉洋子の夫や子供「学歴・経歴」情報すべてまとめてみた!

デジタル庁が新設されて話題になっていますが。。。その重要ポストに起用されたのは「石倉洋子」さんという女性です。女性を起用したのは人気取りではないか?そして、72歳という年齢も話題になっています。

今回は、デジタル庁のデジタル監に就任が決まった「石倉洋子」さんのことについて

分かる限りすべてまとめていきます。

石倉洋子の夫や子供「学歴・経歴」情報すべてまとめてみた!

石倉洋子さんのことを全く知らいな人が多いため過去に経歴や学歴そして、家族についても一気にまとめていきます。

石倉洋子さんのプロフィール

結婚されている為、石倉洋子さんのようですね。旧姓は、栗田洋子さんのようです。神奈川県箱根町生まれで鴨倉育ち‥これだけでも結構いい家の子だったと想像ができますね。恐らく裕福な家庭環境だったのでしょう。では石倉洋子さんのことしらべていきます。

  • 名前:石倉洋子
  • 本名:栗田 洋子(くりた ようこ)
  • 出身地:神奈川県箱根町(鎌倉市育ち)
  • 生年月日:1949年3月19日
  • 年齢:72歳

旧姓ということなので…結婚をされて苗字が変わっているということです。現在、旦那様やお子様は何をしているのか気になりますよね。

経営戦略、競争力、グローバル人材を専攻する経営学者として活躍しています。
通訳としても活躍しマッキンゼー・アンド・カンパニーにてコンサルティングにも参加しています。日本を代表するキャリアウーマンといってもいいでしょうね。

スポンサーリンク
Loading...

石倉洋子さんの夫はどんな方なの?

石倉洋子さんは御年72歳ですので、おそらく旦那様も近い年齢だと思います。

旦那様は石倉洋子さんが40代の時に病気を患い死別されているようです。過去に石倉洋子さんご本人が旦那様の事についてコメントをしていました。

私の40代のころの話をしましょう。当時はコンサルティング企業で働いて、キャリアアップを目指していました。しかし、慢性の病気を患っていた夫の健康状態が悪くなり、仕事が忙しい一方で家族との生活のバランスがとりにくくなったのです。考えた末、大学で教鞭をとる仕事へキャリアを転換し、夫との時間を優先することにしました。企業での仕事は続けたかったけれども、取り替えがきくものです。でも家族はそうではありません。おかげでその後10年間、夫との充実した日々を送ることができました。引用元https://style.nikkei.com/article/DGXMZO97191190R10C16A2000000

キャリアウーマンとして活躍していた矢先に夫を病魔が襲ったようです。その結果、大学でのキャリアを一旦ストップし旦那様との大切な時間を過ごしたと語っています。そしてその10年間は石倉さんにとってもとても大切な時間だったようですね。

とうことは、旦那様は40代で病気を患い、10年間もの長い時間、闘病生活を愛する奥様と過ごし60代という早すぎる別れがあったということになります。プライベートは波乱万丈でした。

石倉洋子さんの夫との間に子供いる?

現在72歳の石倉洋子さんです。お子さんがいるとしたら、恐らく40代後半もしくは50代になっていてもおかしくないです。

しかし、石倉洋子さんと旦那様の間にお子さんがいたという情報はありませんでした。

石倉洋子さんには3人の子どもいるという情報もありましたが、実際にいるという確固たる証拠はありませんでした。おそらく、旦那さんは再婚で、前妻との間にお子さんがいる?という可能性もあります。

スポンサーリンク
Loading...

どちらにしても、確証がないので、いないということにしておきますね。

石倉洋子の夫や子供「学歴・経歴」すべてを熟すエリート?

つぎに石倉洋子さんの学歴や経歴についてまとめていきます。出身は神奈川県で育ったところは鎌倉市ということは記載しておきました。小学校も私立の学校に通学しています。

  1. 小学校:鎌倉市立御成小学校
  2. 出身中学:フェリス女学院中学校
  3. 出身高校:フェリス女学院高等学校
  4. 出身大学:上智大学外国語学部英語学科

最終学歴:ハーバード大学大学院、バージニア大学大学院

職業:経営学者、大学教授

職歴:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

専門は、経営戦略、グローバル競争におけるイノベーション戦略、競争力。

「ファーストリテイリング」「アスクル」「しまむら」「劇団四季」「リコーのデジタル複写機」のケーススタディ等

小学校:鎌倉市立御成小学校

神奈川県鎌倉市御成町19−1 公式ホームページ 

出身中学:フェリス女学院中学校・高等学校

中高一貫の女子校に通学されていました。 公式ホームページ

中学高校のフェリス女学院は、神奈川県横浜市にある有名な中高一貫の私立女子校で裕福だったと言ことが分かりますね。かなり確執が高い学校で上品な生徒が集ってきます。

出身大学:上智大学外国語学部英語学科

東京都千代田区紀尾井町7−1 公式ホームページ

アメリカのバージニア大学の大学院へと進み、経営学修士を取得し日本からアメリカへ飛び立っていきます。

スポンサーリンク
Loading...

石倉洋子の夫や子供「学歴・経歴」すべてまとめてみた

1985年にハーバード・ビジネス・スクール経営学博士号を取得したのちの経歴を年表にしてまとめていきます。

石倉洋子氏の輝かしい経歴を年表で確認

  • 1985年4月 マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社で世界の企業戦略等のコンサルテーションに従事。
  • 1992年4月 青山学院大学国際政治経済学部教授。
  • 1996年3月 エイボン・プロダクツ株式会社取締役。
  • 2000年4月 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。
  • 2001年2月 第1期中央教育審議会委員。
  • 2004年4月 ボーダフォンホールディングス株式会社社外取締役、日本郵政公社理事。
  • 2005年10月 第20期日本学術会議副会長。
  • 2006年6月 商船三井社外取締役。
  • 2008年1月 総合科学技術会議議員。
  • 2010年6月 日清食品ホールディングス社外取締役、富士通社外取締役。
  • 2011年4月 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授。
  • 2012年4月 一橋大学名誉教授。
  • 2012年6月 ライフネット生命保険株式会社取締役。
  • 2014年3月 慶應義塾大学退職。
  • 2014年6月 双日社外取締役。
  • 2015年6月 資生堂社外取締役
  • 2019年6月 積水化学工業社外取締役。
  • 2020年5月 TSIホールディングス社外取締役。
  • 2021年9月 デジタル監

石倉洋子氏は著書も多く出版している

女性の社会進出やグローバルな働き方を支援するような本を数多く出版されていました。そして、経済学者としても長年トップを歩んできた石倉洋子さんです。デジタル庁のデジタル監に就任してもおかしくない経歴や学歴をお持ちでした。

  1. 『世界で活躍する人が大切にしている小さな心がけ』日経BP 2015年7月
  2. 『グローバルキャリア ―ユニークな自分のみつけ方ー』東洋経済新報社 2011年
  3. 『戦略シフト』東洋経済新報社 2009年4月
  4. 『世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ』

石倉洋子さんに対する世間の声は?

経歴をしった人は石倉洋子さんへの考え方がきっと変わりますよね。