知床遊覧船(カズワン)桂田精一社長とは?経歴やどんな会社か知りたい!

北海道の知床半島沖での事故で運営会社「KAZU 1」(カズワン)の運行会社である知床遊覧船が話題ですよね。

今回は、この会社の社長である桂田精一社長についてまとめていきます。

知床遊覧船のカズワン桂田精一社長とは?経歴やどんな会社?

知床沖で捜索が続く観光船「KAZU1」の運航会社「知床遊覧船」の社長が4月27日の午後3時半から、斜里町内のホテルで記者会見を開くことがわかりました。会見に先だって午後1時半から乗客の家族に説明するということです

23日の事故後から姿を現さない社長にすでに世間でもいら立ちの声が上がっています。

事故後4日間姿を現さない桂田精一社長とは?

社長さん、ご遺族と会いたくない気持ちはわかりますが、こういう時に頭を下げてひたすら謝らないとご遺族の気持ちの持っていくところがありません。

逃げても無駄だぞ社長
いずれは罰を受けるのは見えてるので罪を償いましょう

遺族への説明時、足を組んだままであることを指摘されてふてくされた桂田精一。父で元町議員の会長も説明責任を果たしてください。誠意があればすぐにでも会見を開いているはず。

桂田精一社長のフェイスブックが特定された⁉

すでにネット上では桂田精一社長のもと見られるアカウントが特定されています。

北海道知床を中心に経営をしている人物であることがわかっています。

「世界自然遺産の宿 しれとこ村つくだ荘」・「流氷と温泉の宿 海に桂田」・「shiretoko HOSTEL hanare」
「秘境知床の宿 地の涯」

ホテルや民宿を運営するのはメインの会社であったようです。「知床遊覧船」は片手間で運営していたのでしょうか?

桂田社長は斜里郡出身で茨城県工業技術センター窯業指導所(現笠間陶芸大学校)を卒業。15年ほど前に地元に戻り、宿泊業を営み、斜里町の町議だった父親の後を継いだ。世界遺産「知床」地区で「国民宿舎桂田」「ホテル地の涯」「海に桂田」など複数の宿泊施設を経営。2016年に「知床遊覧船」を買い取り、社長に就任した。「いい印象はありませんね」と、地元関係者がこう続ける。引用元:ヤフーニュース

町議の息子で複数の宿泊施設を経営していたという情報もあり‥経営者としてはどうだったのでしょうか。

  • 出身地:北海道 斜里郡
  • 居住地:北海道 斜里郡
  • 学歴:北海道 網走南ヶ丘高校
  • 茨城県工業技術センター 窯業指導所

知床遊覧船のカズワン桂田精一社長はお金がない?経歴は?

4年前に経営者が変わったようですね。この時に会社の代表となったのが、桂田精一社長だと言われています。

この時の在籍していたメンバーは契約解除されていたという情報もありました。

在籍メンバーは入れ替わった途端に、事故が多発していたという事を告白しています。

元社員や近隣社長が告白!桂田社長の性格やお金事情

桂田精一社長(知床遊覧船カズワン)に対する世間の声は?

お金に目がくらんだのかな?

説明責任があるでしょ。会社としての責任どうするか説明してよ。

元社員や近隣会社の社長のコメントが全てね。