小室圭の留学費用は誰が払っているの?(費用は税金・借金・婚約者の眞子様)どこ?

小室圭さんが留学先のアメリカから帰国するということで話題になっています。

2018年8月から約3年間もの間、ニューヨーク州の弁護士資格取得を目指し、フォーダム大学のロースクール(法科大学院)に留学中です。

今回は、小室圭さんの留学費用についてまとめていきます。

小室圭の留学費用は誰が払っているの?お金の出所を調査

フォーダム大学のロースクール(法科大学院)のホームページを見ていくと…

  • 1年間の授業料は約6万ドル
  • 教材費や生活費
  • 健康保険料

3年間の留学費用3,000万円超は確実!

モデルケースでは1年間の留学費用は計9万ドルを超える日本円にして1000万円です。ということは3年間で3000万円以上のお金がかかっていることになります。

実際に、お金の問題で眞子様との婚約や結婚思うように進んでいない現状を考えると、この費用がどこから出ているのか気になりますよね。

小室圭さんのお母さんである小室佳代さんと、知人男性との間に400万円の金銭トラブルが解決していない状況で、この3000万円をどうやって捻出したのでしょうか。

SNSでは…

  • 眞子さまのパワーをつかった?
  • 税金をつかったのでは?

お金の出所を気にする世間の声が日に日に増えている状況です。

眞子様パワーで特殊な奨学金疑惑も浮上している

奨学金で捻出している?

成績優秀者にとして、「マーティン奨学金」という制度があるようです。

この奨学金制度は…寮費や書籍代に加え、日米の往復の航空券など成果費カバーしてくれる。かなり特殊な奨学金制度となっています。LLMコースを受講する留学生では一人しか対象になりません。

よほど優秀な生徒でない限り奨学金を取得するだけでも難しいと言われています。

そんなこともあり…噂ですが…

「小室圭さんが眞子さまのパワー【プリンセス・MAKO】の婚約者であり、この事実を存分に利用したとも言われています。※実際には、奨学金を申請するにあたって、

自己PRとして、A4サイズで80枚程度書き記し提出しているようですね。この分量の多さは異例のようで、大学側も小室佳さんの熱意に負けて奨学金の対象とした可能性もありそうです。

日本のプリンセスと知り合うまで、そして国際弁護士としての目標……。そんな“輝く過去と未来”を綴った小室さんの作文が、奨学金獲得の決め手だったというのだ。引用元:livedoorニュース

報道によると…プリンセスとの関係をしたのでは?とも言われています。確かにプリンセス眞子さまの名前を出せば…大学側も選考に関して忖度する可能性が高いのでは?とも‥。

小室圭の留学費用以外に生活費を入れると4000万円とも…

フォーダム大学ロースクール学費(留学費)を調べていきます。

そもそも、日本の学費と比べても高額になる事は間違いなく、留学先であるフォーダム大学の内容をみてもまちがいなさそうですね。

  • 2018年9月~2019年5月(9ヶ月)のLLM(法学修士)コース
  • 2019年9月~2021年9月(2年間)のJD(法務博士)コース

(9ヶ月)のLLM(法学修士)コース

9ヶ月の学費:660万円+教科書代+寮費+航空機代など:340万円

(2年間)のJD(法務博士)コース

2年間の学費:2000万円(この中の500万円程度が学費)

と言われています。ようは、このお金を用意できたのは?どういうカラクリがあったのか気になりますね。

小室圭の留学費用の生活費用は元職場から借り入れ?

留学費用の学費だけでも3000万円はくだらないという事実が判明しています。

しかし、マーティン奨学金をもらっていたとしても、生活費用はかかります。その生活費は…

元勤務先の【奥野法律事務所】から借り入れしているという話もあります。

その費用はなんと…約1400万円

「米国で弁護士資格をとります。授業料免除となり、生活費は奥野総合法律事務所に、毎月の給料という形で支払っていただけるそうです」引用元:現代ビジネス

この時点で…3000万円の学費と…1400万円の借入でトータルで4400万円以上が小室佳さんの留学に費用になっていると推測されます。さらに‥SPがいたりと、これ以外にも費用が発生している事は確実です。

ということは、報道されている額よりも、実際にかかっている費用は大きい可能性が十分に考えられるのではないでしょうか。

住まいはマンハッタンの中心の高層マンション「地図で確認」

ちなみに小室佳さんが留学時に住んでいた場所は…

マンハッタン「マッキンリー:高層マンション」

地図で見る限り、マンハッタンの景色が一望できるマンションですね。家賃は18万円から20万円と言われています。都会のど真ん中にしては非常にリーズナブルな家賃です。しかし、決して貧しい留学生活ではなかったようですね。

小室圭の留学中の留学費用の中に警備費は別途かかる

眞子さまの婚約者ということもあり…留学中にも小室佳さんには、警備いわゆるSPがついていました。たしかしにここまで公にしている以上、アメリカにおいて拉致や監禁など様々なリスクが考えられます。

そして、当然ですがこの警備費にもお金がかかっています。ではこのお金はどこから捻出しているのでしょうか。

「小室さんがアメリカ留学をする3年間もSPなどの警備がつき、神奈川県の自宅でも引き続き警備体制が敷かれるという話があるのです」

  • 小室さんの自宅マンションの前にはポリスボックスが置かれいる
  • 24時間体制で、警察官総勢10数人が交代で警備
  • 圭さんが外出する際には、どこへ行くにも護衛つき

圭さんが勤務後に都内の個室マッサージ店で施術を受けていた間、SPも一緒に入店して待機していたと報じられました。

警備費用は1ヶ月700万円、3年で2億5000万円とも‥税金で負担?

留学費用の比ではないほどの費用が、小室佳さんの警備費用として捻出されている事がわかり批判が殺到していました。

アメリカの血税から小室佳さんの警備費用が捻出されているとも…

「米国内での警備は現地の警察に任せることになるでしょう。ただ24時間体制なのか、大学との往復だけなのかなどはさまざまな状況を踏まえて決められるでしょう。警備費用に関しては、日米両国で何らかの取り決めがあるなら別ですが、米国内のことですから普通は米国側が負担するのではないでしょうか」

大学では皆勤賞で真面目で優秀だったが弁護士になれるの?

そして、この留学の目的である弁護士にはなれるのでしょうか。

真面目に大学に通い質素な生活を送っていたとも報じられています。

「授業はほとんど皆勤賞で、成績も優秀と評判です。講義が終わると、教授のもとに駆け寄って熱心に質問をしています。友人も何人かいるようですが、1人で黙々と勉強している姿を見かけることが多いです。ほとんど大学の外には出ず、授業がないときにはずっと図書館や寮にいるみたいですね」

実際に、ニューヨーク州の弁護士にインタビューをした記事がありました。国際弁護士に小室佳さんはなれるのでしょうか。

「ニューヨークでフォーダム大学ロースクールに通う小室さんは、2021年5月に博士課程を修了、7月にはニューヨーク州の弁護士試験を受験予定です。合格すれば、卒業後、1年ほどで弁護士になれる。アメリカの司法試験は日本より易しく、合格率は7割以上です。小室さんの語学力であれば“余裕の合格”では」

 しかし、弁護士として働き始めるハードルは高い。

「ニューヨークでは弁護士が飽和状態。新人弁護士がいきなり開業するのは現実的でなく、まずは所属する弁護士事務所を探さなければなりません。新人が大手事務所に入るのは至難の業ですから、中堅どころの事務所からのスタートになるでしょう。年収は約500万~700万円のはず。物価の高いニューヨークでは、やっとまともなひとり暮らしができる程度です」引用元:@nifity

結論として‥

国際弁護士の資格取得ができたとしても、自立して生活していくのは非常に難しいようですね。ということは、日本に帰国しても仕事に就き安定した暮らしができるという確実は保証はなさそうです。

実際には眞子さまとアメリカに渡るとも言われていますが…返済する費用など考えるとこの先も小室佳さんにはお金に関わる問題がつきまとっていきそうですね。

小室圭の留学中にかかった留学費用の返済方法とは?

すでに小室圭さんのお母さんとの間で400万円を巡って騒動になっている事を考えると数千万円の借入を返済する手段がなかなか見えてきません。

しかし、借りた以上は返す義務があります。少なくとも、元職場の奥野総合法律事務所からは1400万円もの生活費を補填してもらっているという状況なので…すぐにでも返済してほしいものです。

こうなると…結婚のあたって、皇室から捻出される「一時金」持参金の1億を超えるお金は魅力的ですね。

報道では…眞子様が受け取らないとも言われていますが、眞子様の今後の生活を考えるにあたっては受け取って欲しいとも個人的に思っています。

今後、小室佳さんが帰国し記者会見を開くとも言われていますので、新しい情報が入り次第追記していきます。