眞子様の就職先はNYのどこ?年収や住まい調査してみた

秋篠宮家のご長女・眞子様は、2021年10月26日にいよいよ小室圭さんと入籍をされます。

結婚後はアメリカニューヨークに住まわれ共働きで生活をするそうですが、今、眞子様の就職先が話題となっているのです。

この記事では、

  • 眞子様の就職先がニューヨークのどこなのか?
  • 就職先の年収や仕事内容
  • ニューヨークの住まい

について調査して、ご紹介します!

眞子様の新天地での生活が気になる方は要チェックですよ。

眞子様の就職先はNYのどこ?

婚約会見時の眞子様の画像
引用元:Twitter

眞子様のニューヨークの就職先として噂されたのは以下のところです。

  • アメリカ自然博物館
  • NY日本歴伊博物館

そして新たに分かったのが、「メトロポリタン美術館」です。

そちらが現在有力となっています。

メトロポリタン美術館はマンハッタンにある世界最大級と言われている美術館です。

メトロポリタン美術館の外観画像
引用元:Twitter

1870年に開館し、収集や寄贈によって収蔵された品数は全部で300万点ほどあると言われています。

バチカン市国にあるヴァチカン美術館やフランスのパリにあるオルセー美術館に同じく、1日で全部を見るのは困難と言われている美術館の1つです。

メトロポリタン美術館でも眞子様の就職について囁かれていると噂にありますが、メトロポリタン美術館側は「そのような記録はない」と回答されています。

事実であるかどうかは今のところ不明ですが、もし本当に内定をもらっているとしたらスゴイですよね。

就職先は大学の専攻と関係している?

眞子様が手を振っている画像
引用元:Twitter

眞子様は、幼い頃から美術や建築に興味をもっていました。

それは学歴からも伺うことが出来ます。

国際基督教大学では教養学部アーツ・サイエンス学科に入学し、学芸員の資格を取得されました。

イギリスのエディンバラ大学に留学した際には美術史などを学び、レスター大学大学院では博物館学研究科に入学し、修士号を取得しています。

そして、レスター大学大学院を修了後は、東京大学総合研究博物館の特任研究員として2021年8月まで勤めていました。

ニューヨークでの就職先も、美術館や博物館が候補に上げられることは納得ですね。

眞子様の就職先の年収や仕事内容は?

眞子様が皇居を散策している画像
引用元:Twitter

もし、眞子様がメトロポリタン美術館に就職するとなると年収はいくらになるのか気になりますよね。

メトロポリタン美術館の学芸員の年収は、およそ1,500万円になるそうですよ。

東京大学総合研究博物館に勤めている時の年収と比較しようとしましたが、眞子様は公務との両立を優先するため、「正規雇用」ではなく「非正規雇用」として勤めていたようです。

そのため、給料は受取っていなかったとのこと。

小室圭さんとのご結婚で「一般人」となり、正規職員として勤められお給料も受け取れるのですね。

日本の学芸員の年収は地域によって異なりますが、大体250万~350万円くらいです。

日本の年収に比べて 5~6倍位あるメトロポリタン美術館の年収は、世界最大級の美術館だからこその金額ですね!

就職先の仕事内容は?

眞子様が公務に出られている時の画像
引用元:Twitter

では、メトロポリタン美術館における学芸員の仕事内容はどのようなものなのか調べてみました。

その前に学芸員というのは、美術品・古文書・彫刻などの文化財産や自然科学の資料などを集めて保管し、訪問者に教え伝える仕事です。

そのため、学芸員は専門性が求められる仕事でもあり国家資格でもあります。

そして、眞子様はメトロポリタン美術館の多数ある展示のうち、「日本のギャラリーを担当されるのではないか?」と言われているのです。

「そもそも日本ギャラリーでの学芸員の公募もなかったそうですので“特別採用”ということなのだと思います。それだけMETにとっても眞子さまを採用するメリットは大きいのです」

Yahoo!ニュース
メトロポリタン美術館の外観画像
引用元:Twitter

眞子様は学芸員の資格も取得されていますし、東京大学総合研究博物館での経験を考えると納得です。

それから、メトロポリタン美術館とは過去に上皇様とのご縁があります。

もし日本ギャラリーに配属された際には眞子様が両者の架け橋となって、皇族所有の貴重な美術品や工芸品を展示出来る可能性も期待できますよね。

眞子様の就職先はNY!住まいはどこで家賃は?

眞子様と小室圭さんが見つめ合っている画像
引用元:Twitter

次は、ニューヨークでの住まいについて調べてみました。

住む地域や家賃など気になることだらけですよね。

まず、眞子様が住まいは就職先と同じマンハッタンが有力視されています。

マンハッタンには眞子様が就職されると言われているメトロポリタン美術館と、小室圭さんが勤める弁護士事務所があるからです。

住むなら勤め先に近い方が良いですよね。

空から見たマンハッタンの画像
引用元:Twitter

しかし、ニューヨークは物価が高いことでも有名!

一等地のマンハッタンに暮らすとなると、2LDK相当の部屋で1ヶ月の家賃は50万円位になるそうですよ。

それに加えて食費や光熱費、日本にはないチップもあるのでもっと月々の費用は掛かるでしょう。

そう考えると、「共働き」せざるをえませんよね。

世間が心配する気持も分かります。

小室圭さんの就職先や年収は?

婚約会見時の小室圭さんの画像
引用元:Twitter

眞子様はニューヨークで共働き生活をされるとのことですが、小室圭さんの収入面も気になります。

小室圭さんは現在、マンハッタンにある大手弁護士事務所『ローウェンスタイン・サンドラー』に勤めています。

7月に司法試験を受けて12月の合否発表を待っている最中で、2021年10月現在は法務助手として働いているのだとか。

無事に合格すれば弁護士としてデビュー出来るのです。

気になる年収ですが、大手弁護士事務所に勤める弁護士1年目はおよそ2,000万円だそうです。

小室圭さんが記者達に会釈している時の画像
引用元:Twitter

ですが、その年収ではニューヨークの一等地に2人で暮らすとなると結構ギリギリなんだとか。

眞子様の年収と併せて3,500万円で、それだと少し余裕を持って生活出来るみたいですよ。

また、大手弁護士事務所は激務なのと能力重視で人の入れ替わりが激しいそうです。

「使えない」と上に思われてしまえば、すぐに解雇。

そうなれば年収2,000万円はなくなってしまいます。

司法試験に合格し、弁護士として活躍して安定するまでは安心出来ないのです。

心配されるNYでの生活と身辺警護問題

婚約会見時の眞子様と小室圭さんの画像
引用元:Twitter

眞子様と小室圭さんの経済面の心配の中に、身辺警護の問題もあります。

眞子様は小室圭さんと結婚するにあたり、「一般人」となります。

日本で暮らす場合なら万が一の時は警備の援助も出来るそうですが、ニューヨークで生活をされるとなると自分で費用を出さなければならないのです。

眞子様は、話題にもなった一時金1億3,735万円の受け取りを辞退しています。

眞子様が皇居での散策を楽しんでいる画像
引用元:Twitter

警備を付けなくても、セキュリティがしっかりとしたマンションに住むとなると、通常のマンションの家賃より高くなるでしょう。

自身と小室圭さんの年収を合わせて3,500万円ありますが、身辺の安全面を考えるとお金の不安が拭えないのです。

眞子様の就職先はNYのどこ?年収や住まいの調査まとめ

眞子様が公務でティアラとドレスを着ている時の画像
引用元:Twitter

眞子様のニューヨークの就職先や年収、住まいについて調べてご紹介しました。

現在、眞子様の就職先として有力なのがニューヨークあるメトロポリタン美術館で、年収は約1,500万円になるそうです。

住まいについては、メトロポリタン美術館と小室圭さんが勤める大手弁護士事務所があるマンハッタンを予想しています。

ニューヨークは物価が高いことと一時金の受け取り辞退もあって、眞子様と小室圭さんには経済面の心配がありますが、穏やかで幸せな結婚生活をして欲しいですね。