吉村知事のマスク会食に新定義アゴ駆けマスクに専門家は推奨しない!

大阪府の代表:吉村知事がマスク会食における新定義を大阪に定着させようと実演をしています。

しかし、その実演が国民をバカにしていると大批判に、そして専門家からもダメだしを食らうなど大騒動になる気配です。

そういえば、イソジンでも同じようなことになっていたような。。。

今回は、大阪バージョン;吉村知事のマスク会食での新定義についてまとめていきます。

吉村知事のマスク会食の新定義!アゴ駆けマスクって何?

 

大阪府の吉村洋文知事は2月26日に、新型コロナウイルス対策本部会議後に取材に応じてマスク会食について実演する場面がありました。

新定義:食事をする際に顎にマスクをかける「マスク会食」

実際に記者を前に実演する吉村知事のマスクの使い方講座を見てみましょう。

【アゴ駆けマスク】に対する批判の声多数

国民 国民が幼稚園生 ?幼稚すぎる 国民をバカ扱い 最低!!!!!

緊急事態宣言の予備解除となる明日以降の、備えとしてのマスク会食•マスク着用してての交話は素晴らしいけど、吉村知事が顎マスクをしたりしなかったりするのは、一般人でも芸能人でもやりかね得ざない真似事であり、畏れながらも、対コロナ予防策としては不殺法かつ無能+無学習不身用値なやり方であり教え方…むしろ我々国民&府民を小馬鹿にした囲み会見にございます。

マスクは意味無いって(笑)かえって汚いだろ。自分の体力や免疫を信じろよ!
こんなことやってたら、人類は永遠にマスクだぞ。今までみんななにやってた?マスクなんてしてなかっただろ?今までも強烈なウイルスなんていくらでもあった。いい加減に洗脳から目覚めろ!

あっ!イ・ソジンさんだw

吉村知事のマスク会食に専門家は推奨しない!

今回の記者会見はそもそも、緊急事態宣言解除を受け、大阪府として眼科医的に制約を緩和していく中で(飲食店の時短要請)今後、外食の機会が増えることを見込んだ吉村知事が新たに新定義として大阪場―ションのマスク会食を定着させようとした結果このようなアゴ駆けマスクが生まれました。

「飲食の場面などで飛沫感染をいかに防ぐかということに、より集中した対策を取ることが大事」として、マスクの表面をつまんでアゴにずらす動作を実演。食べる際に耳からマスクを外すマスク会食が一向に普及しない現状への打開策として“アゴかけマスク会食”を呼びかけた。引用元:東スポWEB

吉村知事のマスク会食に専門家の見解は?

『他人に感染させないためには』→効果は有効

しかし、自分自身が感染しないという意味では不十分という事です。

不十分な理由として・・・

・飛沫で飛んできたウイルスはマスクの表面はもちろん、あごや首にもいるから

・マスクで覆えない所にウイルスはひそんでいる

・マスクをアゴに駆けた時に、ウイルスが付着し、戻した時にウイルスを体内に取り込む危険性がある

医療現場では、リスクを下げるために何があってもマスクを下げることはしない。つける時はつける。外すときは外すのは当たり前であり、アゴ駆けを推奨することは言語道断です。

吉村知事のマスク会食にネットの声は?

https://twitter.com/xinonotamy3241/status/1365507759718850560?s=20