松本まりかの経歴や出身は?芸歴20年の遅咲き女優?

ドラマ「ホリデイラブ」で魔性の不倫相手を演じてい女優としてブレイクした松本まりかさん、独特の声がセクシーで声優でも活躍している経歴があることを知ってましたか?

2020年の春(火9ドラマ)「竜の道~二つの顔の復讐者」にも霧島まゆみ役でレギュラー出演が決まっている、今や人気女優さんの一人です。
今回は松本まりかさんの経歴・過去作品を調べてみました。

松本まりかの経歴・プロフィール

  • 名前:松本まりか
  • 本名:石田 汀花(いしだ まりか)
  • 生年月日:1984年9月12日
  • 年齢:2020年3月現在 35歳
  • 出身:東京都中野区
  • 身長:160cm
  • 血液型:B型
  • 職業:女優・ナレーター・声優
  • 事務所:A-team
  • 特技:空手黒帯

プロフィールをみてもわかるように現在35歳!独特の声と童顔なので、20代後半ぐらいかなぁと勝手に想像していましたが、意外と遅咲きの女優さんってことがわかりますね。

代表的な過去出演作品

過去の代表的な出演作品は、

  • 六番目の小夜子(2000年)花宮雅子 役
  • 純情きらり(2006年)高野薫子 役
  • ホリデイラブ(2018年)井筒里奈 役
  • ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2019年)中山麻里亜 役
    松本まりか 山田真理亜役

最近は「あざとい・怖い」役が多いということで「怪演女優」とも言われているようですね。

出演CM

あの人気CMに出演しましたよね!「ソフトバンク」白戸家お父さん、“小悪魔”松本まりかにメロメロ?

あざとい、小悪魔な松本まりかさんがはまり役だったのかもしれませんね!

松本まりかの経歴①出世作「ドクターX 中山麻里亜役」

松本まりかさんと言えば、ドクターXで元ミス東帝大の天使として「山中麻里亜」役として

「#東帝大学病院」に新たな“#失敗しない女”が現れた!
第8話に怪演女優・松本まりか登場!元ミス東帝大の天使vsデーモン未知子
女同士のプライドを懸けた戦いが勃発!?秘密の呪文は
テクマクマヤコン⁉️#ドクターX #大門未知子 #米倉涼子 #松本まりか

松本まりかの経歴②出世作「ホリデイラブ」

2018年のドラマ「ホリデイラブ」での「あざとかわいい」「不倫」女優として一躍人気女優の仲間入りをしましたね。実は、ホリデイラブに出演後はインスタグラムのフォロワー数は40倍に急上昇!「Yahoo!検索大賞2018」では「松本まりか」が女優部門の中間発表で上位3名の中に入るなど、当時はかなり話題だったんですね〜。

松本まりかさんはどんな役柄だったでしょうか?

『ホリデイラブ』第7話、松本まりかの“やっぱ無理”はドラマ史に残る名シーン!

~まさかの松本まりか!感動&興奮(*´艸`)~
松本まりか 経歴詳細
2000年ドラマ「六番目の小夜子」で女優デビュー 当時15歳

松本まりかの経歴③女優デビューは「六番目の小夜子」

若干15歳で女優としてドラマデビューしていました。同年には、「秘密倶楽部 o-daiba.com」に出演し、宮崎あおいさんベッキーさん、栗山千明さんと共演していました。

凄いメンバーですね・・・!

しかもヒロイン役での出演で当時から期待されていたことがわかります。

松本まりかの経歴④モデル活動も

ファッションモデルとしても活躍していました。「ピチレモン」のレギュラーモデルとして何度も表紙を飾っています。

2001年はミニストップCMで妻夫木と共演しています。

記憶にある人もいるかもしれませんが・・・ミニストップのCMで妻夫木さんとも共演していますね。女優というよりアイドル路線で売り込んでいたみたいですね。

松本まりかの経歴④実は声優でも活躍

リュックと聞いてピンとくる方と全く来ない方いらっしゃるかと思います。

松本まりかさんは超人気ゲーム『FINAL FANTASY X』の人気キャラクター「リュック」の声優をされていました。

引用:https://psneolog.com/archives/66293

FINAL FANTASY Xは2001年にプレイステーション2で発売されたRPGです。発売から十数年経ちますが、未だ多くのゲーム機に移植されて話題になる名作の一つですよね。

実は松本まりかさんはこのリュックとして出演していました!

当時まだ10代の松本まりかさんは、異例の大抜擢!

その当時のも松本まりかさんの容姿とリュックの姿が似ていると話題になりました!今聞いても、松本まりかさんの声ととても合っていて全く違和感を感じませんでした。

女優歴20年で人気女優の仲間入り。遅咲き女優として本人のコメント

15歳で女優デビューしてから同年代の宮崎あおいさんやベッキーさん、栗山千明さんが続々と売れていく中、なかなかチャンスに恵まれなかった松本まりかさん。その当時のことをこう振り返っています。

私は求められていないし、現実的な希望も見えない中やっていくというのは、すごく苦しかった。表現する場がないのがどれだけ苦しいことか……。20年ってなかなか苦しいです

筆者ならとうに諦めて別の道を進んでしまいそうですが、当時芸能人の友人歯科いなかったまりかさん。まわりについていこうと必死だったそうです。

「芸能界の友達しかいなかった」という松本さん。「みんな、カ~ッとスター路線にいく中で、私はそうじゃなくて。這(は)いつくばっていた時期があって。全然仕事がなくて、どんどん追い抜かされていって、悔しかった以上に、この仕事をしているのに、求められていない自分が恥ずかしくて、自分の存在を自分ですら認められない、その事がとにかく苦しかった」

このことを認めることだって辛いはずなのに、しっかり向き合って乗り越えてきている姿は視聴者からも好感が持たれています。

まとめ

とてもたくさんの作品出演する松本まりかさん、独特な声と色気で人気が急上昇していますね。これからもたくさんのドラマ・映画などで見かける機会が多そうです。今後の活躍に期待したいところですね。