三宅健が老けない3つの理由!童顔で20年以上維持?美容番長でボクシング歴15年以上で筋肉が凄い

V6の三宅健さんが老けなさ過ぎてヤバイと話題になっていますね。

2020年で41歳になる三宅健さんですが、「大学生と間違われる」「30年くらい変わってない」と出演するたびに話題になっています。

なぜ他の40代の人と違って三宅健さんは老けないのでしょうか・・・?

調べてみると、

  • もともと童顔
  • 美容男子でスキンケアが徹底
  • ストイックに体を鍛えている

など興味深い話題がたくさん見つかりました!この記事では三宅健さんが何故老けないのかを徹底的に検証してきます。

【画像】三宅健のデビューから現在までが老けなさすぎる

まず、三宅健さんのデビューから現在までの変化を見ていきましょう!

参照:Twitter

正直デビュー当時の1995年が一番老けているように見えますね・・・!

参照:Twitter

え・・・・うそでしょ・・・

参照:Twitter

むしろ段々若くなっているような・・・

参照:Twitter

え・・・・変わらなさすぎませんか・・・?!

まとめていて驚きますが、もう20年以上老けてないように見えます。

滝沢カレンさん(当時28歳)も三宅さん(当時40歳)と2020年1月6日にテレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!!』でロケを一緒にしたとき「同じ年かと思った」と話していて老けない人の多い芸能人から見ても驚きの維持っぷりです。

三宅健と同じ年の芸能人を比較

三宅健さんと同じ年齢の芸能人をまとめてみました。

こうしてみると三宅さんの異常さが際立ちますね・・・!一人だけ20代の顔をしています。笑

なぜこんなに老けないのでしょうか?大きく3つの理由があるのではと話題になっていましたのでまとめていきます。

三宅健が老けない理由1.童顔?

1つめの老けない理由は三宅健さんはもともと童顔だった、という意見です。

男性の童顔の特長は、

  1. 丸顔
  2. 顔のパーツが中央寄り
  3. 口やあご、鼻が小さい
  4. 目が大きい
  5. 小顔

などがあります。三宅さんはどうなのでしょうか?

整形警察で有名な高須クリニック医院長の高須幹弥さんは三宅さんの顔を

涙袋がとても大きく、エラや頬骨、顎先の出ていないシャープな輪郭で、女性的な印象が強いですね。

目鼻立ちが整っている一方、男らしさに欠けるので、甘えてきそうな雰囲気の“可愛い系イケメン”です。童顔で肌もきれいなので年を重ねても老けにくく、38歳の現在でも25歳くらいに見えますが、頬骨やエラが張っていないし、顎も小さいので、頬がたるむのは早そう。

引用:サイゾーウーマン

と話していて、数多くの人の顔を整形したり研究している高須委員長からみてもかなりの童顔であることがわかりました。

三宅健が老けない理由2.美容男子で徹底したスキンケア

三宅さんは男性ながら「美容番長」の異名がつくほど美容意識の高いジャニーズで有名です。三宅さんがパーソナリティを務める『三宅健のラヂオ』(bayfm)では度々美容に関する話が上がり話題になっています。

三宅さんが紹介する美容法をいくつかご紹介してみます。

  • 乳液はオイルを混ぜると保湿力が上がる。ベトベトくらいが良い
  • 化粧水・乳液は安いものでもいいからたっぷり使う
  • 寝室には加湿器を置く(乾燥させない)
  • 日中は日傘使用

ちなみに、三宅さんが寝室で愛用している加湿器は、
Cado(カドー)のAP-C200-PSと言われています。

三宅さんが理想とする湿度は55-60%で毎朝バスタオルで窓の結露を拭いて回っていそう。美容のためとはいえここまでできる三宅さん、凄いですね。。

三宅健が老けない理由3.ストイックな生活

美容意識も高い三宅健さんですが、私生活では運動も欠かさないといいます。

実は少林寺拳法黒帯保持者!イケメンで強いなんて漫画の世界ですね・・・!

ボクシングは一時期プロテストを受けたいというほど熱中し、選手が集まる早朝練習に参加したこともあるそうです。

これだけストイックに体を鍛えているからこその細胞レベルで老けないんですね・・・

三宅さんがボクシングを始めたのは2002年に出演したNHKドラマ『私の青空2002』からなのでかなりのボクシング歴になりますね・・!

さらに三宅さんは「お酒も飲まない(飲めない)」「タバコも吸わない」ので老ける要素を一切排除した生活をしているとも言えますね。

三宅健が老けない理由まとめ:当たり前のことを徹底してやる

もともと、「童顔」というアドバンテージがあるものの、41歳までそれをキープすることは至難の業です。

しかし、三宅さんは基礎的なスキンケアや保湿と、ストイックな運動と健康的な生活を続けて今の美貌を(男性に使う言葉で会ってるのか?)維持し続けているのは説得力がありますね。