上野千鶴子が炎上し批判殺到!タワマン&別荘暮らし!等しく貧乏は?

上野 千鶴子さんは、日本のフェミニストであり社会学者です。

家族社会学やジェンダー論や女性学を専攻しており東京大学名誉教授としても有名ですよね。

過去に新聞に掲載された社会学者の上野千鶴子氏のコメントが話題になりましよね。

「平等に貧しくなろう」

しかし、この名言を残した上野さんが窮地に立たされています。今回は上野さんが炎上している理由についてまとめてみました。

上野千鶴子が炎上し批判が上がっているはなぜ?

過去に新聞にも取り上げられた記事「平等に貧しくなろう」かなり衝撃的に言葉に当時も話題になりました。しかし、今回この記事に関連する形で炎上・批判される結果になってしましました。

批判されるきっかけとなっている上野さんの考え方とは?

上野氏の発言を正確なコメントは・・・

『人口を維持する方法は二つあります。一つは自然増で、もう一つは社会増。自然増はもう見込めません。泣いてもわめいても子どもは増えません。人口を維持するには社会増しかない、つまり移民の受け入れです。

日本はこの先どうするのか。移民を入れて活力ある社会をつくる一方、社会的不公正と抑圧と治安悪化に苦しむ国にするのか、難民を含めて外国人に門戸を閉ざし、このままゆっくり衰退していくのか。どちらかを選ぶ分岐点に立たされています。

中略

移民政策について言うと、私は客観的に無理、主観的にはやめた方がいいと思っています。

客観的には、日本は労働開国にかじを切ろうとしたさなかに世界的な排外主義の波にぶつかってしまった。大量の移民の受け入れなど不可能です。

主観的な観測としては、移民は日本にとってツケが大き過ぎる。トランプ米大統領は「アメリカ・ファースト」と言いましたが、日本は「ニッポン・オンリー」の国。単一民族神話が信じられてきた。日本人は多文化共生に耐えられないでしょう。

だとしたら、日本は人口減少と衰退を引き受けるべきです。平和に衰退していく社会のモデルになればいい。一億人維持とか、国内総生産(GDP)六百兆円とかの妄想は捨てて、現実に向き合う。ただ、上り坂より下り坂は難しい。どう犠牲者を出さずに軟着陸するか。日本の場合、みんな平等に、緩やかに貧しくなっていけばいい。国民負担率を増やし、再分配機能を強化する。つまり社会民主主義的な方向です。ところが、日本には本当の社会民主政党がない。』 出典:「◆平等に貧しくなろう」引用元:BLOGOS

引用元:ツイッター

上野千鶴子さんは、若者に平等に貧しくなれと言っています。

上野千鶴子が炎上し批判殺到している理由!

学者さんという事もあって素晴らしい考えを持っていらっしゃることはわかりましたね。日本の未来について提言してくれています。

炎上理由その①:若者に等しく貧乏自分は高級外車を乗り回す!

スポーツタイプを中心に外車を乗り継いでいる。そして現在6台目だそうですね。どこが、等しく貧乏にって感じですよね。もっとボランティアや支援活動したいいのではないか?と批判されています。

引用元:ツイッター

外車を乗り回してる団塊金持ちなんですね。

炎上理由その②:タワマンで優雅な暮らし!平等貧乏はどこいった?

次にこの暮らしぶりが情熱大陸で公開されたときに事件は起こった!どうみても上野さんが暮らしている所はタワーマンションのかなり高層階ですよね。眺めをよく、自由気ままに読書を楽しんでいますね。

画像

炎上理由その②:日当たり抜群な別荘公開!貧乏とはかけ離れた暮らし!

数多くの書籍が置いてあるのは別荘です。オシャレな空間ですよね。どれだけの費用がかかっているのでしょうか。

画像

上野千鶴子が炎上し批判の声は?

https://twitter.com/ponpon4183/status/1350985490321854466?s=20