ゆうちゃみ 炎上理由は?動画で彼バレ!?過激発言!過去の失態まとめ

TikTokで大活躍中のモデル・ゆうちゃみ。

最近テレビで見かけることも多く知名度をアップさせていますが、過去に炎上していたことがありました。

その理由はさまざまのようですね。

そこで今回は

  • ゆうちゃみの炎上騒動でどんな声があがった?
  • ゆうちゃみの炎上理由
  • ゆうちゃみが炎上騒動を起こした当時の真実
  • ゆうちゃみのプロフィール&経歴

についてまとめました。

ゆうちゃみの炎上騒動!実際の声は?

ゆうちゃみ
出典元:モデルプレス

まずはゆうちゃみの炎上騒動について実際どんな声があがっていたのか見ていきましょう。

ゆうちゃみ数年前あんな炎上してたのによく戻ってこれたね。

ゆうちゃみの炎上は2年の前のことか。
まさかここまでテレビに出てくるとは思ってなかった。

ゆうちゃみの過去の炎上ヤバいな。
知らんかったわ。

炎上騒動を知っている人からすれば戻ってこれたことにびっくりしている方が多いので、相当な炎上騒動だったのでしょうか。

また、炎上騒動を知らなかった人もいたようで、ゆうちゃみがメディアへの露出が増えてきてから知ったという方もいました。

ゆうちゃみの炎上理由①馬場海河が彼氏だと匂わせ?

ゆうちゃみ 馬場海河
出典元:Twitter/PRTIMES

炎上理由の1つ目はゆうちゃみさんと同じモデルとして活動していた馬場海河さんが彼氏だと匂わせをしていたことからでした。

①馬場海河が一緒に遊ぶ姿をSNS投稿

モデル仲間として仲が良かったのか、一緒にいるところを度々SNSで発信していたことから、彼氏だと匂わせているのではないかと言われていました。

https://twitter.com/Mirei130/status/1037239755493203968?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1037239755493203968%7Ctwgr%5Ehb_0_7%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.uwasa-suki.com%2F15902%2F

馬場海河さんは当時、爽やかでイケメン男子高校生ということもあり、女性人気が高かったことから、このような投稿が批判を集めてしまったのかもしれませんね。

②馬場海河との交際を一度否定していた!?

そのような騒動を知っていたのかゆうちゃみはフリーユーチューバーとして活動している「あいなん」のYoutube動画の中で、馬場海河との関係について語っていました。

動画の中で馬場海河さんと本当に付き合っているのかという質問があり、ゆうちゃみは馬場海河さんとの関係について以下のように明かしました。

・馬場海河からアプローチは確かにあった

・馬場海河とは2週間に1回は遊んでいる

ということは実際に交際していた訳ではなかったという結果になりますね。

このように交際疑惑をきっぱり否定したわけですが、ここでも「馬場海河からアプローチがあった」という部分が反感を買ってしまったのかもしれません。

ゆうちゃみの炎上理由②馬場海河との動画!?

馬場海河との関係についてきっぱり否定したゆうちゃみですが、さらに炎上の原因になるような動画がアップされてしまうのです。

①馬場海河の過激な発言動画がアップ!?

ではまずその炎上動画についてご覧ください。

この動画当時、ゆうちゃみと馬場海河さんはまだ高校生だったのですが、身体の関係を持っていることが明らかに分かる衝撃的すぎる過激な内容だったため炎上してしまいました。

予想以上に大炎上してしまったので、ゆうちゃみはPopteenカバーガール戦争を辞退し、馬場海河さんはPopteenイケメン総選挙を辞退することになってしまいます。

②馬場海河は過激発言後、謝罪

かなり過激発言だったこともあり、その後の炎上し続け、2人はそれぞれ謝罪文を発表しました。

まずはゆうちゃみからです。

今回の騒動の件に関してご報告遅くなり申し訳ございません。
自分自身の軽はずみな言動が事態を招きファンの方々、関係者の皆様にはご迷惑、ご心配をおかけしてしまい本当に申し訳ありませんでした。

続いて馬場海河さんです。

今回自分の無責任な行動で色々とご迷惑をおかけしてしまいました。

そして、そのことのご報告が遅れ大変申し訳ございません。

自分の甘さもあり、あまり考えずに行動をしてしまって、たくさんの人にご迷惑とご心配をおかけしました。

しっかり謝罪された2人なのですが、この謝罪文が発端でさらに炎上をしてしまう結果となるのです。

ゆうちゃみの炎上理由③ファンへの説明不足?

過激発言動画が流出し、大炎上したことにより謝罪文を発表した2人だったのですが、さらなる炎上を起こすことに。

上記の謝罪内容を見てみると、相手が彼氏だったのか、それとも遊び相手だったのかなどファンが詳しく説明して欲しい部分がないままだったため、火に油を注いでしまったようです。

また、ゆうちゃみの裏アカウントでの発言も物議をかもしていました。

本当にごめんなさい。

みんなにも説明本当はしたい
事務所のせいにしたくはないけど
あの文章以上は話せないし、みんなに言い訳したくない
今回の事きちんと受け止めて深く反省してまた信頼性を取り戻すの時間かかっても努力して頑張ります。

この内容を見たファンは

  • 事務所を盾にして説明放棄
  • 事務所のせいにしたくないと言いながら事務所のせいにしている

となかなか厳しい意見が多く見られました。

このような経緯からこの炎上動画からの炎が燃え上がり、その大きな原因となったのは

  • 彼氏がいないとファンに嘘をついていた
  • ファンが納得する説明ができていなかった
  • 可愛いから目立ってた

の可能性が高そうですね。

ゆうちゃみが炎上騒動を起こした当時の真実は?

ゆうちゃみ
出典元:東奥日報

大炎上までしてしまった騒動ですが、真実はどうだったのでしょうか。

当時の心境を2019年10月にインタビューで明かしていました。

自分じゃない2人のアカウントでインスタライブしてて、その場には親友、ウチ、彼氏の3人がいたんだけど写ってたのはウチと彼氏だけ。
それがTikTokとはTwitterにあがって。

付き合ってるのもバレるし、発言した内容も不適切だしでどん底に。世に知らしめたいとか炎上商法狙ってたわけでは一切ないから

この発言を見るとゆうちゃみと馬場海河さんが交際していたのが真実だと捉えることができますね。

しかし、この炎上騒動が起きた後、馬場海河さんとはどうなったのでしょうか。

とにかくウチはもう終わりって思った。モデルにできないし、目標の達成できなくなるし今までの人生に戻れなくなるんだなって…毎日泣きまくってた。彼氏も大好きだったのに無理って拒絶反応でちゃって。ほんとに死にたい無理無理無理って。

大好きだったのに拒絶反応が出てしまったと明かしているので、炎上騒動後は破局した可能性が高そうですね。

ゆうちゃみのプロフィール&経歴

ゆうちゃみ
出典元:Twitter

・本名:古川優奈(こがわ ゆうな)
・愛称:ゆうちゃみ
・生年月日:2001年9月8日
・年齢:20歳(2021年12月時点)
・出身地:大阪府東大阪市
・血液型:A型
・所属事務所:(株)Lovers

幼少期はEXPG生として、EXILEのバックダンサーとして活動していました。

2014年「東京ガールズオーディション」のファイナリストに選出されたことをきっかけに、モデルとして活動を開始。

2015年1月には「第23回ピチレモン専属モデルオーディション」でグランプリを獲得し、「ピチレモン」専属モデルとして活動し始めます。

ゆうちゃみ
出典元:プリ画像

2016年からは「ラブベリー」レギュラーモデルとして活動しはじめ、2018年3月30日から「Popteen」レギュラーモデルとして活動。

Twitter
出典元:Twitter

2019年5月1日から「egg」専属モデルとして活動し、カリスマモデルとして人気を得ました。

ゆうちゃみ
出典元:Twitter

2020年頃からタレントとして活躍中です。

炎上騒動後、ゆうちゃみ自身も再度タレントとして活動することができるなんて思ってもみなかったのではないでしょうか。

現在はメディアでの露出も多くなってきたので、頑張って欲しいですね!

ゆうちゃみに関する世間の声

では、ゆうちゃみに関して世間の方はどう思っているのか見ていきましょう。

ゆうちゃみかわいい!
ギャルタレントってだんだん落ち着いてきて良いコメンテーター的なポジになること多いけど、ゆうちゃみはやっぱギャルっしょみたいなキャラでいて欲しいわ~

 

ハピキャンのゆうちゃみかわいいな~
性格がめちゃ良さそう。

 

ゆうちゃみがかわいい!
もっと映してくれ!

 

「かわいい!」という声が続出してますね。

さまざまなことがあっての復活なので、今後も変わらないキャラでメディに出続けて欲しいと思います。

ゆうちゃみの炎上理由は?まとめ

今回はゆうちゃみの炎上騒動について調査してきました。

炎上理由を改めて見るとなかなか過激なものが多く、知らなかった方はびっくりされたと思います。

本人もまさかここまで炎上するとは思っていない出来事だったと思いますが、現在ネット社会となり一瞬にして世界中に拡散してしまう怖い時代だなとつくづく感じました。

炎上騒動を乗り越えて復活されたゆうちゃみなので、今後の活躍も楽しみです。