岸田文雄(家系図)学歴の凄さは先祖譲り!政治家として天下取り

現在、自民党総裁選に立候補して注目を集めている岸田文雄さん

その家系図がエリートハイスペック揃いで凄いんです!

調べてみると…

  • 岸田文雄の親族はほとんどが東京大学卒業
  • 岸田文雄は東大に3回落ちて早稲田大学に進学
  • 岸田文雄の親族は国会議員や社長などエリート揃い

などなど、気になる情報がたくさん見つかりました!

こちらの記事では岸田文雄さんの家系図と、岸田文雄さん本人や親族の学歴について解説していきます!

岸田文雄の家系図がエリート一家!高学歴も納得!

岸田文雄の家系図

自民党総裁選に立候補している岸田文雄さん

SNSでは「キッシー」の愛称で親しまれていますね。

連日総裁選ニュースで話題の岸田文雄さんですが、岸田文雄さんの家系図を調べてみると、政治家や社長だらけの高学歴エリート一家だったのです!

それではまず、岸田文雄さんについてご紹介しましょう☆彡

岸田文雄のプロフィール

岸田文雄
引用元:Yahoo!ニュース

まず、岸田文雄さんのプロフィールをご紹介します。

名前岸田文雄
出身東京都渋谷区生まれ、本籍地は広島県広島市比治山町
生年月日1957年7月29日
血液型AB型
最終学歴早稲田大学法学部卒業
役職経験内閣府特命担当大臣、外務大臣、防衛大臣、自民党国会対策委員長、自民党政務調査会長、自民党たばこ議員連盟副会長

大学卒業後は銀行員を経験。

1993年に初当選して以来国会議員を続けています。

岸田文雄の学歴:小学校~開成高校まで

岸田文雄さんは小学校時代、父岸田文武さんの仕事の関係でアメリカ・ニューヨークに滞在し、現地の公立小学校に入学しました

PS 20」「PS 13 Clement C Moore School」の二つの小学校を経験。

小学校3年生で帰国した後は千代田区立永田町小学校に編入、その後は千代田区立麹町中学校へ進みます。

上の画像は麹町中学校の同窓会だそうです。

そして1973年に開成高校へ入学。名門ですね。

開成高校では野球部に所属し、野球に打ち込んでいたそうです。

岸田文雄さんは母校の開成高校をとても大切にしていて、開成OB官僚を率いる開成会の「永霞会」(永田町・霞が関開成会)も主催しています。

岸田文雄の学歴:東大を目指して2浪の末早稲田大学へ

岸田文雄
引用元:Yahoo!ニュース

岸田文雄さんの一族はエリート揃い。

親族のほとんどが東京大学を卒業しています。

ところが岸田文雄さんは東大受験に3度失敗。結局早稲田大学法学部に進学しました。

東京大学に進学した従兄の宮沢洋一さんに比べて、自身の資質に疑問を持ったこともあったそう。

岸田文雄さんご本人も、東大に合格できなかったことについて以下のように語っています。

「私は決して線の細いエリートではありません。母校の開成高校は東大に進む生徒が多い中、私は東大受験に三回失敗するなど悔しい思いもしました。結局、早稲田と慶應の両方に受かりましたが」と言い、早大に進んで、バンカラな気風の中で自分を見つめ直すことができたと続けている。  

引用元:Yahoo!ニュース

とはいえ、早稲田大学法学部も十分高学歴ですよね!

岸田文雄さんは現役時代、1浪時代ともに東京大学しか受験しなかったそうです。

東京大学以外の大学は全て合格できる実力はあったのではないでしょうか。

岸田文雄の家系図:父と祖父の学歴

岸田文雄
引用元:中日新聞web

岸田文雄さんは父、祖父ともに国会議員の世襲議員です

早稲田大学卒業後は一度銀行員として働いていましたが、父・岸田文武さんの秘書になったことをきっかけに、岸田文雄さんは政界へと参入しました。

それでは岸田文雄さんの父、祖父についてご紹介します。

父は岸田文武衆議院議員

岸田文雄さんの父は岸田文武さんです。

岸田文武さんは、1945年に旧制東京高等学校を卒業し、東京大学へ進学しました。

ところがその頃は戦争で学問どころではなく、学徒動員で旭川師団に入団の経験も。

さらには故郷の広島に原爆が投下され、多くの知人を亡くしました。

1948年に東京大学法学部政治学科を卒業した後は通産省に入省。

貿易局長、中小企業庁長官を歴任して1953年に退官し、1954年に衆議院議員に初当選しています。

岸田文武氏のプロフィール

  • 名前:岸田文武(きしだ ふみたけ)
  • 生年月日:1926年8月19日
  • 没年月日:1992年8月4日
  • 享年:65歳
  • 出身地:広島県広島市
  • 最終学歴:東京大学法学部政治学科
  • 職業:元衆議院議員・旧通産省官僚

祖父は岸田正記衆議院議員

岸田正記
引用元:Wikipedia

岸田文雄さんの祖父は岸田正記さんです。

西志和高等小学校、広島県立広島商業学校、長崎高等商業学校を経て京都帝国大学法学部を卒業しました。

先代から続く貸家業を継ぎ、幾久屋百貨店を創業。

実業家として不動産業や百貨店経営をしてきました。

1928年に衆議院議員に初当選

戦後に公職追放されますが、1953年に衆議院議員に返り咲きます。

他には幾久屋商事社長、穏田マンション社長を歴任しました。

岸田正記氏のプロフィール

  • 名前:岸田正記(きしだ まさき)
  • 生年月日:1895年12月1日
  • 没年月日:1961年6月3日
  • 享年:65歳
  • 出身地:広島県
  • 最終学歴:京都帝国大学法学部
  • 職業:元衆議院議員・元幾久屋百貨店主・穏田マンション社長

岸田文雄の家系図:親族もエリート揃いで高学歴!

岸田文雄さんの親類で高学歴のエリートは父や祖父だけではありません。

叔父は銀行の会長、も高学歴エリートで大企業勤務です!

また、岸田文雄さんの叔母の岸田玲子さんの夫は宮沢弘さん宮沢家も有名な政治家の家系ですよね!

さらに、岸田文雄さんの母や妻も社長令嬢です。

家系図に一般人が一人もいないというのが凄いですね!

岸田俊輔・岸田武雄

岸田俊輔さんは、岸田文雄さんの叔父にあたり、東京大学を卒業しています。

政治家ではありませんが広島銀行会長、NTT常務、大蔵官僚を歴任している人物。

岸田武雄さんは岸田文雄さんの弟。

三菱商事に勤務するエリートサラリーマンで、妻はコイケヤ創業者の小池和夫さんの長女です。

宮沢裕・宮沢弘・宮沢洋一

宮沢洋一
引用元:自民党

岸田文雄さんの叔母の岸田玲子さんが参議院議員の宮沢弘さんと結婚したことから、岸田文雄さんと宮沢家につながりができました。

こちらの宮沢家は政治家の家系で、何人も国会議員を輩出しています。

まず宮沢弘さん岸田文雄さんの叔母岸田玲子さんの夫

東京帝国大学法学部法律学科を卒業、内務省に入省の後広島県知事を務め、参議院議員になりました

宮沢裕さんは宮沢弘さんの父。東京帝国大学法学部法律学科卒業後に内務省に入省します。

その後実業家に転身、その後衆議院議員になりました

宮沢洋一さんは岸田文雄さんの従兄。東京大学法学部公法学科卒業衆議院議員で、経済産業大臣、自民党税制調査会長も経験しています。

宮沢家は全員が東京大学卒業なんですね!

元内閣総理大臣宮沢喜一も

宮沢喜一
引用元:時事通信

岸田文雄さんの家系図の中で一番有名なのは元内閣総理大臣の宮沢喜一さんではないでしょうか。

宮沢喜一さんは東京高師附属小学校から旧制武蔵高等学校に入学。

東京帝国大学法学部政治学科を卒業しています。

1942年に大蔵省に入省。1953年に衆議院議員に初当選しています。

その後も自民党の要職や大臣を歴任、1991年に72歳で内閣総理大臣に就任しました

宮澤喜一氏プロフィール

  • 名前:宮沢喜一(みやざわ きいち)
  • 生年月日:1919年10月8日
  • 没年月日:2007年6月28日(87歳没)
  • 本籍地:広島県
  • 最終学歴:東京帝国大学(現・東京大学)法学部政治学科
  • 職業:参議院議員・自由民主党・内閣総理大臣

井口三郎

井口三郎さんは、岸田文雄さんの母方の伯父にあたります。

新日本振興の社長・会長、新日本観光興行副社長というハイスペック実業家です。

和田邦二郎

和田邦二郎さんは、岸田文雄さんの妻裕子さんの父

広島県の不動産経営会社、三次開発興業の社長を務めています。

設立から50年にもなる老舗不動産会社なのだそう。

岸田文雄さんの選挙区の地盤をしっかりと固めているようです。

また、岸田文雄さんの妻裕子さん広島女学院高等学校を卒業して女子大に進学した高学歴のお嬢様

お見合いで結婚したそうですが、上流階級の雲の上の話のようです…。

岸田文雄の家系図と学歴まとめ

岸田文雄さんの家系図をもとに、高学歴ハイスペックの親族についてご紹介してまいりました!

ほとんどが東京大学卒業で驚きましたね!

中には政治家として天下取りの内閣総理大臣経験者・宮沢喜一さんの姿も

岸田文雄さんの家系図に載っている人物は、政治家だけでなく社長や会長などもたくさんいるエリート家系でした。

岸田文雄さん自身は東京大学に3回受験失敗したことが多少のコンプレックスだったのかもしれませんが、早稲田大学法学部もじゅうぶん高学歴です!

ハイスペックのサラブレッドの岸田文雄さんが今後どのような活躍をするのか、楽しみですね!