岸田文雄の裕子夫人の学歴は?社長令嬢で英語堪能!「画像確認」

毎日、総裁選の話題がつきませんが…総理大臣候補の一人として…

岸田文雄議員ですよね。しかし、今回の記事は岸田文雄議員を支えてる裕子夫人にスポットライトを当ててまとめていきます。子供3人を育てながら、旦那様を必死に支える裕子夫人の事をまとめていきます。

岸田文雄と嫁:裕子夫人の学歴や馴れ初め出生地を総まとめ

  • 岸田 文雄(きしだ ふみお)
  • 広島県第一選挙区(広島市中・東・南区)
  • 当選9回(初当選以来選挙区連続当選)
  • 生年月日 1957年7月29日(64歳)
  • 出生地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
  • 出身校 早稲田大学法学部卒業
  • 前職 日本長期信用銀行行員
  • 衆議院議員岸田文武秘書:現職 衆議院議員
  • 所属政党 自由民主党(岸田派):称号 法学士(早稲田大学・1982年)
  • 配偶者 岸田裕子
  • 親族 祖父・岸田正記(元衆議院議員):父・岸田文武(元衆議院議員):従兄弟・宮澤洋一(参議院議員)

岸田文雄SNSで家族からの応援メッセージ

次期総裁になれるかどうかは、今後の選挙できまりますが…家族総出で応援しています。

岸田文雄と嫁:裕子夫人の学歴は広島県の有名校

岸田裕子さんの情報まとめ岸田文雄さんの裕子夫人は旦那様を支える縁の下の力持ちといっていいのでしょうね。

  • 名前:岸田裕子
  • 生年月日:1964年8月15日
  • 出身地:広島県
  • ご子息:長男(翔太朗)・次男(晃史郎)なん¥

裕子夫人は2021年で57歳です。岸田文雄さんより7歳下になりますね。

岸田裕子の夫人の広島の中高一貫高校

広島のかなり優秀な学校で教育理念は素晴らしく、グローバルな人材を育ている教育方針であることは教育理念からわかります。3つの理念があるので一つずつ見ていきましょう。

広島女学院中学高等学校の教育理念

まなぶ

確かな学力と豊かな教養を備えた女性を育てます。主体的に学び知を楽しむ人、自ら問いを設定し探究する人を目指し、物事の本質を見抜き、自らの可能性を実現するために学び続ける本物の力を養います

みとめる

かけがえのない自分と他者の存在に気づき、お互いを尊重できる女性を育てます。相手に寄り添いながら意見や考えを丁寧に聴き、他者と良い関係を築く力を養います。

つながる

多様な価値観や文化的背景を持った人々と出会うなかで、平和な世界の実現に貢献できる資質を備えた女性を育てます。生徒一人ひとりに与えられたミッション(使命)を全うできる信念や行動力を養います。

場所を地図で確認してきます。場所として… 広島県広島市中区上幟町11−32

岸田文雄と嫁:裕子夫人との馴れ初め

二人の馴れ初めは、岸田文雄さんが31歳の時にお見合いがきっかけで裕子夫人と出会っています。

お見合いをした経緯として…

両家の祖母通しが知り合い(同級生)であったことから年の差があったもののお見合いをしたようです

岸田家のいい噂を知っていたようで裕子さんのご実家でも縁談だと思ったようですね。※ちなみに岸田文雄さんの父の妹が宮澤元首相の弟さんと夫婦のため、岸田家と宮澤家は意外と近い親戚関係だったということもわかっています。政治家のお嫁として嫁ぐという大変な決断をした裕子夫人ですが、岸田文雄さんが総理になったら、これまでの献身的な支えが報われファーストディーとして外交デビューも近いのかもしれませんね。

岸田文雄さんと裕子夫人のプロポーズは…

過去に2013年5月27日に配信された奥様との馴れ初めやプロポーズの言葉について語っています。

Q1:夫人との出会いは?

A:岸田文雄:家内とはお見合い結婚でございます。

Q2:どっちが好意をもった?

A:岸田文雄:私の方だそうです。向こうはどうかしりませんが…

Q3:プロポーズやアプローチはどちらから?

A:岸田文雄:私の方から

Q4:どんな言葉をかけたのですか?

A:岸田文雄:いや、言葉を忘れたと言ったら家内に怒られます。

岸田文雄さん裕子夫人との仲がお見合いで岸田文雄さんからのアプローチから始まったようですね。

総裁選に向けての決起集会にも…裕子夫人は岸田文雄さんを後押しています。

決起大会は昼すぎに行われ、岸田氏は出席者とともにカツカレーを食べた。裕子さんは自宅で朝食に出した“勝負メシ”について「梨とブドウを。いつも朝はわりと軽い感じです」。岸田氏の表情は「いつもと変わらなかったです」と明かした。

岸田氏は次の総裁選を目指すと公言している。裕子さんは「これからまた続くわけですから、これからまた頑張ってください、という気持ちです」と話した。

岸田文雄と嫁:裕子夫人は社長令嬢

岸田裕子さんのご実家は会社を経営されています。

ということは・・・岸田裕子夫人は社長令嬢であることがわかりました。

広島県三次市にある不動産賃貸業などを多く取り扱う会社で創立50年以上の老舗となっています。しかし、公式のホームページらしいものは見当たりませんでした。

【三次開発興業株式会社】
設立年度 1969/4・資本金等 12,000,000円・代表者 和田 邦二郎

裕子夫人は広島のお嬢様高校出身

裕子夫人の学生時代は…広島県内の広島女学院高等学校に通われていました。

この学校は中高一貫校であり、広島県内でも有数のお嬢様学校とも知られています。

学校の特徴として…

国際交流を積極的に行い世界に進出できる人材を育ている教育方針

中高一貫の強みを活かし、6年間を通じて英語を学習していく

進学先として有名国立大学はもちろん、名高い大学に多くの人材を送り込んでいます。

岸田裕子夫人の英語力が凄いのは学生時代の賜物

実際に、海外からの来賓である夫人と、何不自由なくコミュニケーションをとれる程度の英語力をもっています。

すでに何度も日本が主催となって来賓をもてなしています。

岸田文雄さんにとってもなんとも力強いご夫人ですよね。

2016年4月G7の時の模様を動画でチェックしていきます。過去の岸田裕子さんは難なくコミュニケ―ションをしていることがわかりました。

岸田文雄と嫁:裕子夫人に対して国会議員に推す声も大人気な理由

過去に投稿された‥Twitterには、裕子夫人の立ち回りを評価する声も多数上がっていますね。

https://twitter.com/ciao18166047/status/1439052773757108227?s=20